英語学習日記 CANDIDなおやん

英語学習日記【CANDID なおやん】

なおやです。英語を教える仕事してます。別の専攻から英語の世界へ。現在CEFRはC1。趣味は某球技、短歌、鳥類好き

【SW】1.絶滅危惧種の動物を救うには

英語の他のブロガーの方とは違う特色を出してやっていこうと思います。

各種試験、単語、学習法、文法、英語教育なんかでいろいろと話題を取り上げて、プラスして少し自分語りもしていこうと思います。

SWと言えば、4技能では置き去りにされていて急に注目された2つ。

SWの参考書って、自分も数々当たりましたが、だいたい大御所のものってパターンが決まってますよね。

各種試験でもテンプレがあり、テンプレを覚えて文をそこに流し込んでいくという指南をしている方が多いです。

しかし、SWは一筋縄にはいかない、そこが嫌厭されてしまうところかもしれません。モデルを見てから、模範的解答例が載っている。じゃあ、どうしたらいいんだと。確かに添削サービスを利用する方が多いと思います。ネットでも添削サービス。Googleのアプリでも構成する機能もあったりするので、それもいいのでしょう。

自分もWS特に、Wは苦労しています。(今でも)。英検で言うと、準一級や一級は知識も必要になってきますし。ただ、私の経験では~では言い切れないところもありますよね。

例えば、animal farmingについてどう思うかというトピックがあったとして、動物愛護の話だけでは乗り切れません。ベジタリアンの知識や、動物の苦痛を取り除く工夫、経営上どのやり方が効率的なのかなどとあちこちに思考を展開させ、まとめなければなりません。

形式ですが、各種英語のエッセイでは

INTRO→BODY(2or3)→CONCLUSIONのフォーマットがもとになっているものが多いので、この形に慣れておくのが一番応用が効くのではないかなと思いました。

今回から週一回くらいのペースで、SWでのエッセイライティングについて自分なりに考察や例文を載せていきたいと思います。例文はオリジナルなんで、ミスもあるかもしれませんし、これはひどいと上級者から言われるかもしれません。

なお、エッセーを書いていると、個人の思考が出てしまうことも多いでしょうが、特に政治宗教に強いこだわりはありませんのでそのあたりは、こういう表し方があるのか程度で見ていただきたいと思います。

今回は第1回 Saving endangered animals です。

Sのテーマでは一番難しい部類のトピックだと昔指導してもらったネイティブも言っていました。

社会的には、これはprosとconsは無数にあるんですね。

 

f:id:splendidnaoya:20180617224358j:plain

 1.Saving endangered animals

    Now, some kinds of animals are on the verge of extinction, because humans have been hunting animals to trade on the black market. On the other hand, many kinds of environmental hazards have displaced animals from habitats. What should we do? We can find ways as follows.

     First, some tribes get animals to make money. Take elephants, for example, A species of elephants will be extinct because of indiscriminate hunting. They hunt to get ivory tusks that are of great value. After that they sell them as contraband products. Some people enjoy making extravagant statues. Also seals have been caught to make fur coats. This fact is lamentable. They should stop hunting these animals.

     Second, there is a problem about the environment. In modern society, developed countries emit chemical materials into the environment. Some animals can’t live in their natural habitats and are forced to move. Some species of migrating fish have moved south because of sea pollution even though they can’t live in tropical areas. Some will soon become extinct. Government need to reduce pollutants.

     In other words, we should not kill animals illegally and protect our habitats from pollutions to save endangered animals.

 

今回はBODYを2パラグラフでまとめました。

これに対して救いたくないという論の展開はかなり難しいですね。

①ブラックマーケット・密猟の問題②動物の棲息地の問題を取り上げました。イントロとコンクルにも入れています。ワシントン条約(正式名称は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)は、1973年にワシントンで採択でされているのですが、まだまだ有効でない部分もあるのが事実です。2017年に世界自然保護基金WWF)は、絶滅危惧種を含む生物種の密猟や密漁、違法な伐採が、手厚い保護下にある世界の自然遺産の半数近くで行われているとする報告書を発表しています。密猟と言えば、ラッコの皮、象牙、ミンクのコートが思い浮かぶのですが、調べると他に無数にあるでしょう。レッドリストに載っている動物で特に気になった記事を読んでおくとよいかもしれません。ホッキョクグマチーター、オラウータン、ゴリラなども絶滅危惧種だということです。昔、テキストではスマトラトラを取り上げているものもありましたので、自分はスマトラトラの印象が強いです。

ある国に旅行に行ったとき、大量の象牙細工が売っていて合法だったのかもしれませんが、とても驚きました。

象牙にキラキラした宝石が埋め込まれた地球儀のようなものでした。なんとツアーで買っている人がいましたが。

動物なので、食用だったり装飾品にも使ってきた歴史はあるのですが、これに対し保護しようという動きは現代では強いです。

昔、象の牙を密猟して象の赤ちゃんが孤立して死んでいくビデオを見たことがあるのですが、さすがにショッキングでした。しかしその象牙でも儲けていたり、そうしないと生活できない国々もあるという問題もあります。人命や動物になると感傷的になりますが、エッセイでは客観的な視点で見ないといけないですね。

②については、木材のための森林伐採、農地やプランテーションの開発があげられると思います。オラウータンは森林開発や伐採で住処を追われている事実もあるようです。ジュゴンにおいては、食物となる海草の生えた藻場の減少もあるそうです。ホッキョクグマ地球温暖化が原因なのでそちらにもつなげられますね。

 

上の例文は主観的な意見だけなので強いアーギュメントにはなっていませんね。このような情報をプラスすると説得力が増してきます。

このトピは密猟と環境問題で展開すると書きやすいです。