英語学習日記 CANDIDなおやん

英語学習日記【CANDID なおやん】

なおやです。英語を教える仕事してます。別の専攻から英語の世界へ。現在CEFRはC1。趣味は某球技、短歌、鳥類好き

【英語についてsomething】①

【英語についてsomething】

f:id:splendidnaoya:20180528003702p:plain

かなりの上級者の方々が、出版したりブログで学習法は語りつくされた感があるのだが、自分も英語を職業とするので、自分なりの考えを述べていきたい。

 

1.上級者の真似をしても必ず上達するわけではなく、かえって回り道することもある

 これは、もうそうなんです。何事も言えることなんですね。書籍でも「日本から一歩も出ていない英語嫌いだった私が○か月で〇〇点取れた」系のね。あれは一つのサンプルですから。そういう方は確かに短期間でとれたのだと思いますが、それを万人に勧めているのは反対なんですね。テクニックで点数とれる部分もありますが、伸び悩みます。名前が知られている有名な英語界の方は学習量が違う。それをビジネスや自己研鑽の目的にしている時点でライトな層とは違うのです。

それぞれにカスタマイズした学習法がよいのですが、初級者はお金をかけないとできないという現実もありますね。勤務校ならもちろん無条件で教えますが。

 

2.時間はかけないといけない

ツイッターやブログでも上級者の方はかなりの時間の量を当てています。職業でも趣味でもやっている人にはかなわないです。量は必要です。多読や多聴に初級者が偏るのはあまりよくないと思うのですが、単に公式問題集やフレーズ「だけ」やればいい、いいよね、っていう方たちはある程度のタイミングで伸びが遅くなると思います。

それに加えて、能力的なものも加わってきます。才能というか。同じ勉強量でも学生時代にできる人はできていましたし。

(上級者はただ自尊感情をスコアから換算する方も多いと感じますが)

卒業や入試で使えたらいいやという人はそれでもいいと思いますが、もったいない気もします。ただし、英語は何かほかの学問をするためのツールでもあるので優秀な方は世界に羽ばたくでしょうが。短時間の楽勝な方法はその程度しかないのです。

 

3.資格試験も面白い

受験料もかかるけど確かにライセンスとしては持ってても邪魔にはならないし、複数持っていれば英語力の証明にもなります。

例えばTOEICLR900overの人がこれでも話せないと言いうのをよく見ますが、正解はそれで話せる人もいれば話らない人もいるのが実際のところではないでしょうか。

 

職場でも〇〇外国語大の出身だと自慢気に言う方もいますが、それよりも価値はあります。〇〇外国語大を出てTOEICLR600とか英検2級だとやはり、違うんだなと思います。私は専門は他の分野だったのでなおさら思います。

今や4技能で賛成派と反対派が論を交わしていますが、試験制度がより整備されれば主流になるのは否定できないでしょう。

試験を主催している団体も大学入試には有利と謳っているのは利用しないともったいないと思います。

 

4.資格試験の試験屋、予備校講師、英語(スクール)講師、教員(英語教育分野)、塾講師はそれぞれ求められているものが違う。

ツイッターで各分野の方と文字の交流をして、それぞれに学ぶことがあります。最近も塾講師の方のプリント作成術に板書に驚き、自己流で真似ました。予備校講師の進学スキルの蓄積は学校にはありません。試験屋のアドバイスで今でも役立っている知識や技術もあります。なので良さを生かして交流したらいいのになと思います。かなり教員はdisられますが。教員は授業に割く時間は多いようで少ないです。英語教育や大学で研究されている蓄積も自分はいるものだけ取捨選択しています。有名になろうなどと思っている人は、有名になろうということに必死で先駆者の亜流のものが多いと感じます。それを進学校で実践するとたちまちモデルになってしまいますから。

 

5.プラス何かがあれば人生は楽しくなる

って自己啓発みたいなことを言いましたが、ある資格試験だけを早起きしてする方もいて、それもよいのですが、

plus 他分野の資格 教養分野 エンタメ スポーツ なんかが英語と結びつくと苦痛でなくなると思います。英語の雑誌も自分の好きな分野なら抵抗なくさらっと読めてしまいますから、何か好きな分野をプラスすると推進力が働くんですね。

ドラマでもいいと思います。ネイティブの日本語N1の人に聞くと、アニメやドラマで日本語が話せるようになったという方もいました。苦行みたいにやるよりも楽しくなるかも。短期留学した国であるスポーツ専用のチャンネルがあってずっと聞いていても苦痛じゃなかった覚えがあります。

 

以下【SW】【英語についてsomething】【各試験の特色】【ライフ】【学習法】【文法】【単語】【試験日記】【英語教育】のような感じで構成していこうかなと計画中。

 

保有資格は、英検1級、TOEICLR900over、英単語検定1級です。

全国通訳案内士、TOEFLiBT110越えを今は目標にしています。