英語学習日記 CANDIDなおやん

英語学習日記【CANDID なおやん】

なおやです。英語を教える仕事してます。別の専攻から英語の世界へ。現在CEFRはC1。趣味は某球技、短歌、鳥類好き

【SW】5.犯罪の抑止

 

【SW】5.犯罪の抑止

f:id:splendidnaoya:20180701211115j:plain

 

5.Would more severe punishments prevent crimes

 

Some people suggest capital punishment infringes on human rights. Is it true? The reality is that victims are not protected from the law in some cases. So I think severe punishments prevent crimes or at least deters some people from breaking the law. It is effective for minor offences. Also it is effective for children under 14 to prevent them from committing crimes.

First, it is effective to reduce crime related to minor offences. For example, traffic laws were intensified. After that drivers who drove drunk reduced immediately. This case exemplifies the fact that a severe punishment prevents a crime. If you commit an offense, you now have to pay about 500 thousand yen.

Second, a severe punishment for children who are under 14 prevents crime. For example, in some cases an elementary school child commits a crime intentionally because he knows he can escape from the punishment. It is sly. To save the victims who are injured by children under 14, we should punish them severely.

In conclusion, to maintain a peaceful world to live in, we should strengthen the law’s effectiveness. Especially these laws that can reduce minor offences and are effective for preventing juvenile delinquency.

 

今回は

CONSとしては①人権侵害 Human Rights violation.

②誤認逮捕  Wrongful execution ③バイアスの問題 Social bias

PROSとしては ①抑止力になる Deterrence 

②より安価に得られる治安 the cheapest way to remove the ill from the society

などがあげられると思います。

ただこれは国によっても違います。

アメリカの特定人種への逮捕で暴動になったりするニュースを見ると、ただの厳罰だけでは語れないものはあります。

日本でも冤罪事件も存在しています。

どこを緩くして、どこを取り締まるのか。お国の事情ですね。

ずっと前に日本でも飲酒運転に対する罰が厳しくなり、交通事故死者が減ったのは顕著な例だと思います。ずっと昔は、歩道から見ていても明らかにこの人酒飲んで運転しているだろというのも見たことがあります。

www.npa.go.jp/hakusyo/h12/h120101.pdf

凶悪犯罪も1950代と比較しても今は低いです。1997年に神戸で連続児童殺傷事件があって少年犯罪も増えている印象がついていますが、減っています。戦後の混乱期などは貧しさで窃盗をしていた時代ですが、今はまた違った要素のような気がします。

日本の2015年の犯罪発生件数は戦後最低だったそうですし、殺人事件も減少傾向にあります。

 

この問題は死刑制度とも関係してきます。世界の140か国以上で死刑は廃止されているのに、日本では存続しています。そしてまた、これに反対する方々もいます。

再犯するかもしれない可能性と更生の機会も背中合わせです。立派に構成されている方もいますが、死刑執行時まで社会に恨みをもって執行される人もいます。

被害者遺族になったらあなたはそういうのかという人もいますし、人権救済の機会も必要だという人もいて、これはかなりデリケートな問題なので難しいですね。

 

とはいえ、私にできることは少ないですが、犯罪率が減って、誰もが幸せに暮らせるような世界であってほしいです。

これらの文には政治的意図は全くありません。PROSとCONSの両論出しています。