英語学習日記 CANDIDなおやん

英語学習日記【CANDID なおやん】

なおやです。英語を教える仕事してます。別の専攻から英語の世界へ。現在CEFRはC1。趣味は某球技、短歌、鳥類好き

【英語についてsomething】③

【英語についてsomething】③英語のおしごと観

f:id:splendidnaoya:20180724190806j:plain  

今回は、英語のお仕事をしている方々について、私的な思いを。

英語を仕事とする人はたくさんあります。塾講師、予備校講師、英会話学校講師、通訳、翻訳、ガイド、教員、TOIEC講師?、資格試験の塾などなど。

 

それぞれが社会の中で必要な役割なので、どれがどうだということはないのですが、

教員はやたらと馬鹿にされます。京都のTOEIC不合格280点の教員がいるなんて記事が出たり、大学別のTOEICスコアが出たり。あれは、そもそも全学部何千人対象のものと

数十人対象のものが混じっていると思われ、英語学習者からはマウンティングされて、東大生の平均より上だとか、高校教員なんてこんなものと言っては自己承認欲求を満たしている方もいらっしゃるようです。

私も鼻から馬鹿にされたこともありまして、IELTSとかTOEFLと言っても、英語に関心がない人は知らないですから、実際英語を話すところを見せたらわかってもらえる場合が多いです。子供も大人も適当に辞書開いて、この単語の意味わかる?と意地悪に聞かれたこともありました。答えられましたけど。毎年来る英語教員の英語力調査は自己申告でした。特に証明を出すわけでもなりません。TOEICなどの試験でも職業名は答えていません。

特に英語頑張ったからと言って評価はされません。逆に馬鹿にされるくらいです。だけど、次に続くステップとしてやるのもいいのかなと思っています。

教員になりたいという人の話を聞くと、だいたい進学校をイメージしてハイレベルの授業をするべきだと思っている人も多いですが、世の中の高校はいろんなタイプが今はあるので、すべてがすべて東大や京大の合格者数を競っているばかりでもないです。進学校は一部です。どのようなレベルでも興味を持たせて、中学英語もセンターレベルも京大二次試験のレベルも教えられて一流だと思います。

英会話学校でもいろんなレベルの人が入校すると思います。留学経験者から学習障害のある人までが顧客になることだってあると思います。

私の今まで出会った英語教員で英語の勉強をしている人はほとんどいませんでした。やってたら何それのような冷ややかな感じで見られる。英語教育に関しては、私もいろいろ試行錯誤していますが、学界に出たとしてもしてもサロン化していますから。

特に興味はないです。

英語で記事を読んだり、話したり、仕事で使ったり、ドラマや音楽を楽しんだりしながら、次にやることにつなげるでもいいのかなと思ったりもします。

私の生きる道はどこにあると探し続けているのですが、まだありません。

youtuberの英語で番組している人や有名ブロガーの生き方が羨ましいとも思いますが、今の自分にはそんな器用さもないので今やれることをやりながら精進するのが一番なのかな。